プライベート・エクイティ投資
"True Partnership"を基本的信条とし、
自ら経営に参画して企業価値の向上を目指します。

プライベート・エクイティ投資グループは、事業承継、大企業からのカーブアウト、資本再構築等のニーズに資本参加という形で支援し、単なる株主という立場ではなく、自ら経営に参画することによって企業の潜在的成長力を具現化し企業価値の向上を目指します。1号ファンドの設立以来、価値判断の基準を投資先に軸足を置き、常にベクトルの一致を確認し収益改善とエグジットに取り組んでいます。結果、グループの基本的信条であるアントの"True Partnership"について投資先などから大変高い評価を得ています。

プライベート・エクイティ投資グループの役割や仕事の内容

当グループは、国内の中堅企業もしくは日本国内を主な市場とする海外の中堅企業を対象に投資を行っています。何故なら、国内の中堅企業の中には優れたブランド、製品、ビジネスモデルを保有しているにも関わらず、緻密なマーケティング戦略、ロジカルな経営管理、調達・製造・販売に関する海外展開力等のノウハウが欠如している為に本来の実力を発揮できていない企業が多く見受けられるからです。そうした企業に徹底したハンズオンを行うことで、データ分析による緻密な経営体制を実現し、潜在的にその企業が持つ力を引き出すことに成功しています。
当グループでは"TWIN ENGINE"と呼ぶ「経営基盤整備」・「収益性向上」の両面から企業価値向上に貢献します。

プライベート・エクイティ投資グループが提供するTWIN ENGINE

経営基盤整備

・データに基づくロジカルな経営(KPIの導入)
・コンプライアンスの整備
・モチベーション向上に繋がる人事制度の導入
・正確な数字を把握するためのシステム再構築

収益性向上

・営業戦略・マーケティングの再構築
・外部コストの見直し
・徹底したキャッシュマネジメント
・海外展開支援
・M&Aによるロールアップ