Our Strengths プライベート・エクイティ(PE)投資グループの強み

真の企業価値の向上

プライベート・エクイティ投資グループは2000年に設立以来、中堅企業を主な投資対象とし、これまでに7つのファンドを通じて国内でトップクラスの支援実績・知見を有しております。

“True Partnership”を基本的信条とし、自ら経営に参画して”真の企業価値の向上”を追求するオペレーショナル・バイアウト投資のパイオニアとして業界を牽引してきました。

プライベート・エクイティ投資グループは、事業承継、資本政策の見直し、大企業による事業ポートフォリオの再構築等のニーズに対して、資本参加という形で応え、単なる株主という立場ではなく、自ら経営に参画することによって企業の潜在的成長力を具現化し”真の企業価値向上”を目指します。

第1号ファンドの設立以来、価値判断の基準を投資先企業に軸足を置き、投資先企業の経営陣・従業員との揺るぎない相互信頼関係の構築を投資実行の前提としております。全ての関係者がビジョンを共有し、一つの方向に向かって深くコミットしていくことによってはじめて、”真の企業価値向上”が、皆が良かれと考える方向にて実現できると考えております。こうした結果、グループの基本的信条であるアントの”True Partnership”について投資先企業などから大変高い評価を得ています。