Corporate History 会社沿革

沿革

2000年 10月
日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社と英アントファクトリー・ホールディングス・リミテッドとの合弁により、アントファクトリージャパン株式会社として設立
2001年 11月
ウィット・キャピタル証券株式会社を買収
2002年 5月
英アントファクトリー・ホールディングス・リミテッド保有の当社株式を日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社へ移動
2002年 8月
ファンド・マネージメント・サービス株式会社を設立
2002年 9月
日興キャピタル株式会社の完全子会社化
2003年 1月
日興キャピタル株式会社と経営統合、社名を日興アントファクトリー株式会社へ変更
2003年 4月
日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社保有の当社株式を株式会社日興コーディアルグループへ移動
2005年 1月
運用ファンドコミットメント総額が、1000億円に到達
2008年 11月
主要株主に農林中央金庫、三菱商事株式会社を迎え、これを機に社名をアント・キャピタル・パートナーズ株式会社へ変更
2018年 4月
ファンド・マネージメント・サービス株式会社吸収合併
役職員50.1%、農林中央金庫24.95%、三井物産企業投資株式会社24.95%に株主構成変更

ファンド設立実績

2001年8月
プライベート・エクイティ投資フラッグシップファンド、エーエフジェーカタライザー1号投資事業組合を設立
2002年 10月
業界特化再編ファンドとして日本初の、自動車流通業界再編ファンド、オート・ビジネス再編1号投資事業組合を設立
2003年 10月
日本初の本格的なセカンダリーファンド、アント・ブリッジ1号投資事業有限責任組合を設立
2003年 12月
アント・カタライザー2号投資事業有限責任組合を設立
2004年 7月
ベンチャーキャピタル投資フラッグシップファンド、アント・リード1号投資事業有限責任組合を設立
2004年 12月
地域特化型ベンチャーキャピタル投資ファンド、東京ディスカバリー投資事業有限責任組合を設立
2005年 6月
オート・ビジネス再編2号投資事業有限責任組合を設立
2005年 8月
アント・ブリッジ2号投資事業有限責任組合を設立
2006年 2月
エレクトロニクス業界特化型ベンチャーファンド、イノーヴァ1号投資事業有限責任組合を設立
2006年 3月
ヘルスケア関連(介護関連)業界特化型ファンド、アント・ケアビジネス1号投資事業有限責任組合を設立
2006年 6月
アント・カタライザー3号投資事業有限責任組合を設立
2007年 3月
アント・リード2号投資事業有限責任組合を設立
2008年 3月
アント・リード・グローバル投資事業有限責任組合を設立
2008年 8月
アント・ケアビジネス2号投資事業有限責任組合を設立
2010年 3月
アント・ブリッジ3号投資事業有限責任組合を設立
2010年 10月
アント・カタライザー4号投資事業有限責任組合を設立
2014年 8月
アント・ブリッジ4号A投資事業有限責任組合を設立
2014年12月
ブリッジ4号B投資事業有限責任組合を設立
2016年12月
アント・カタライザー5号投資事業有限責任組合を設立
2018年 2月
ブリッジ5号B投資事業有限責任組合を設立